結婚とは?

人によって結婚の意味の捉え方は違います。結婚にメリットを感じる人もいれば、結婚がデメリットと考える人もいます。結婚相手に求める条件も100人いれば100通りの考えがあります。例えば、年収が1500万円以上の男性、スポーツ万能な男性、容姿が整っている男性、料理の上手い女性、スタイル抜群な女性、家庭的で頭の良い女性など男女それぞれこだわりの、ここだけは妥協できないと言う条件がいくつかあると思います。いろいろな条件や思惑が交差・入り乱れて結婚を阻止します。結婚願望は強いのになかなか結婚出来ないと思っている人はどこかで妥協できない部分が多く選り好みをしているのではないでしょうか?結婚とは考えても、考えても出来るものではなく、体で体当たりして感じ、経験をして初めてこの人となら一生を共にしてもいいと思えるのです。条件に縛られて行動を疎かにするよりも、先ずは面と向かって話し合ってみてそこから結婚を意識していければ最高のスタートだと思います。
結婚とは一体何なのであろう?結婚について解説していきましょう。結婚とは、簡単に一言で言い表せば男女が夫婦になることを結婚と呼びます。婚姻や契りを交わすなどとも言われますが最近では結婚と言う言葉が一般的になっています。結婚の定義には様々な形があり、婚姻届を提出して戸籍上夫婦になった事を結婚の定義にする考えや、経済的な問題、金銭的、社会的な結びつきなど定義は様々である。結婚とは契約の一種であると考える人もいる。結婚は血縁関係が全く無い男女が結びつく事であり、ヨコの絆が築かれる。親子の関係図はタテの絆であり、親子の関係は一生不変である。結婚は一種の契約であるため、契約解消も行なえる。これを一般的に離婚と呼ぶ。最近では離婚率が世界中で増加傾向になり離婚することはごく普通であると考える人も多くなり結婚や離婚を繰り返す人も存在します。結婚は人によって重みも意味も違ってきます。どの結婚が正解で、幸せになれるという答えは存在しません。自分なりの幸せな結婚をすることが一番であると言えるでしょう。
日本の法律では結婚適年齢が設定されており女性は16歳、男性は18歳から認められています。結婚するには法律上の手続きが必要であり、当事者の結婚意思の合致などの条件が必要とされる。未成年者の結婚にはどちらかの親の同意が必要である。再婚する際にも法律で決められたルールに従わなければ再婚は出来ません。その規則とは、女性は離婚してから6ヶ月を経過しなければ新たに再婚することは出来ません。何故なら以前の旦那の子供を妊娠している可能性があるためです。この他にも法律で禁止されている項目がいくつかあります。それは、重婚の禁止。重婚とは何人かと同時に婚姻関係を結ぶことを禁じています。それ以外には、近親者間での結婚の禁止、直系姻族間の婚姻の禁止、養親子等の間の婚姻の禁止などです。このように結婚と言っても様々の規則を守ったうえで本当の夫婦として認められるわけです。

結婚することに遅い早いはないですが自分自身の社会的立場をしっかりと把握して最愛なる人を本気で守っていける経済力と覚悟あれば結婚しても良いと思う。中途半端な気持ちで、勢いで結婚して、投げ出すことだけは絶対にしてはいけない。結婚するという事は命をもう一つ守ることなのである。子供が出来ればそれだけ守らなければならない命が増えますが、それだけ幸せの数も増えます。自分が犠牲になっても家族を護ることの出来る強い人間になる必要があるのです。若者でも青年でも老人でも結婚はだれでも平等に出来、責任も同じように問われます。

Favorite

2017/5/18 更新

*お問い合わせ*