結婚の種類

結婚にも沢山のタイプの結婚があります。いくつかのスタイルを紹介していきます。
先ずは、出来ちゃった婚です。この結婚は最近ではよく聞く言葉でもあります。芸能人の間でもこの出来ちゃった婚で結婚しています。ワイドショーや週刊雑誌、ゴシップ雑誌の紙面で、ブラウン管の向こうで話題になります。最近では別の呼び方で授かり婚とも言われます。このできちゃった婚は、結婚するより前に妊娠して子供が出来ることを指します。子供が出来たことをきっかけに結婚するカップルが増えています。若者の間では子供が出来たから渋々結婚せざる得なくなってしまったという人もごく稀に存在します。決して子供が出来る事は悪いことではありませんが、計画性を持って結婚、子育てと人生設計をしっかりとプログラミングして有意義な人生を送ることが一番家族にとっては重要です。
次は、一夫一婦制。このスタイルは近代国家がこの婚姻制度を採用しているスタイルです。どんなスタイルの結婚かと言うと、一般的な結婚のことです。一人の夫に一人の妻。結婚と言えば誰もがイメージするスタイルです。
次は、一夫多妻制です。この結婚のスタイルは、一人の夫に複数人の妻を持てる形の結婚様式です。現在では中東のイスラム社会で認められているぐらいで、多くの国では廃止されている。日本も奈良時代や平安、戦国などの時代には一夫多妻制を採用しており、一人でも多くの自分の子孫をこの世に残し栄華繁栄を願った。ただ、一夫多妻制は誰でも行なえたものでなく裕福であったり、ある程度の地位を築いたものが取り入れることが出来た贅沢な結婚形式であった。
次は、同姓結婚です。これは、男と男、女と女が性別を超えて結婚することです。最近では同性愛者であることを公に告白する人も増えてきており、同性愛者であることに誇り・プライドを持ち、恥ずかしい事ではないと言う認識が広がってきています。性別のカテゴリーが同一の者とパートナーシップを結ぶ事を同性結婚と呼びます。しかし、同性結婚を認めている国は極少なく、簡単には結婚できないハードルがあります。同姓婚を認めている国は、南アフリカ、オランダ、ベルギー、スペイン、カナダでヨーロッパ大陸の国が多いのが特徴である。結婚と同様の措置や法的効果を取っている国もあるます。それは、フランス、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、イギリス、ニュージーランド、フィンランド、ノルウェーです。ここでもやはりヨーロッパ諸国が圧倒的に多いです。世間的に有名になってきてはいるものの、まだまだ偏見や差別の眼差しを受けがちである同性愛者達。これから世界が同性結婚を認めていく風潮にあるのか、それとも、厳しい批判をし続けるのかは誰にも分かりません。

この他にも、集団婚、近親婚、通い婚、重婚、内縁など様々な結婚の形が存在します。どの結婚の形が最も幸せに、安心して暮らせるかは自分の気持ちでしか判断出来ません。人とは違った結婚の形であっても自分自身が満足出来る結婚であれば誰にも文句を言われる筋合いはありません。美味しいものや趣味、好きな映画や小説、色やファッションが百人十色であるように人間には選択出来る権利が尊重されています。尊敬する人と、運命の人と一緒に力合わせて生き抜くために必要な形を取ることがベストなチョイスではないだろうか。険しい道であってもお互いを信じあって突き進む事が明るい未来が待っているのかも知れません。神様しか分からない未来のことであるけれど。

recommend

Last update:2017/5/19

 

*お問い合わせ*